HOME   >>  特集情報TOP  >>  街の素敵なパン屋さん「ル・プチメック」 ~パリのカフェ気分になれる♪ちょっと素敵なブーランジェリー~

イベントカレンダー

リンクページ

アクセス数

カウンタ

街の素敵なパン屋さん「ル・プチメック」 ~パリのカフェ気分になれる♪ちょっと素敵なブーランジェリー~

 

 

プチメック1.png

 
 今回は今出川通にある、金・土・日しか開いていないパン屋さん「ル・プチメック」を、寺川公美子さんに紹介いただきました。
 
【寺川さんのお気に入りポイント】
プチメックさんとの初めての出会いは今から3年前、2011年10月、親友がテレビでおいしいパン屋さんを見たからと一緒に行ったのが初めてです。
 
お店の外観は真っ赤なテントで、パリのサンジェルマンデプレのカフェのようです。中に入ると、カフェスペースが左にあって、外人さんがトークで盛り上がっています。壁にはオシャレなポスターがいっぱいで、一瞬ここが京都の一角であることを忘れてしまいそうです。パンの横のフランス語と日本語で書かれた丁寧な説明が目に入ります。パソコンで入力されたものではなく、ひとつひとつのパンに対する愛情が伝わってきます。白衣(?)を着たスタッフさんがてきぱきとお会計してくださって、販売員さんというより、まるでパンの研究員さんみたいです。パンが入った包みの端っこをキュッキュッとして渡される時、その中には幸せのスパイスも一緒に入れてもらえて、パンに出会えた幸せを感じたのでした。
次は私もクロワッサンとカフェ・オ・レを注文するぞ!!  
 
ある日、今日こそと気合いれて、プチメックさんへ。パンとカフェ・オ・レをオーダーして、パリのカフェ気分で待っていると、パンは食べやすく三つにカットされ、カフェ・オ・レはコーヒーとたっぷりのミルクが分かれてきました。
お腹いっぱいで、残したパンは、スタッフさんが丁寧に包んで下さいました。
この日から、プチメックさんの大ファンになりました。
 
Facebookを拝見すると、気になるパンがいつもあります。京都でも食べたいな~?と書くと、どちらにあるか教えて下さったり、すっごいキュンとなるじゃないですか。目もおなかもがっちりプチメックさんにつかまってしまいました。
ハード系、デニッシュ系、サンドイッチ、タルト、どれも美味しいのですが、ミルクフランスが一番好きです。華やかさはないのかもしれませんが、そのクリームの優しい甘さにすっかり魅了されています。
 
今回取材に対応して下さった、阿部さんは、どこからそのパワーがでてこられるのか?笑顔とキャップ帽がお似合いのかわいい方でした。
そして取材側の期待とは反対に(笑)お米が好きとおっしゃって、上京区の西陣大江戸さん(トンカツ屋さん)をご紹介頂きました。
 
 
プチメック2.png
 
 
【オーナーさんが大切にされていること】
 “お客様とスタッフが楽しめるお店作り” 
当然パンへの思いが語られると想像しておりましたので、意外でした。過去のFacebookなどで、いろんな方との対談内容など何回も読ませて頂くと、オーナーさんのその想いは熱く、計り知れない深い思いであり、だからプチメックさんの魅力にどんどん引き込まれていくのでしょう。またいつかその想いを直接感じることができる日が来たら、ファンの1人としてはドキドキですが、この上なく幸せに思うことでしょう。
今後、プチメックさんがどんな色にレボリューションされていくのか、楽しみでたまらない。
 
プチメック3.png
 
 ◎ル・プチメック今出川店
・TEL:075-432-1444 FAX:075-432-1444
・OPEN:8:00~20:00
・定休日:月、火、水、木  ※祝日は営業しております。
・場所:上京区今出川通大宮西入元北小路町159

HP:http://www.le-petitmec.co.jp
 
〜おまけ〜
◎スタッフに聞いた「こっそり教えたい上京の素敵なところ」
「大江戸」のトンカツが好き。めったに行けないけど、ご飯が1粒1粒おいしくて。
お肉がすごくいいですね。スタッフみんなお米が大好き。
梅の時期の北野天満宮が好き。
 

新規団体登録

団体登録いただきますと、あなたの団体も情報発信ができるようになります。あなたもカミングを使って情報発信していきましょう。

登録団体のブログ