HOME   >>  特集情報TOP  >>  かすてら鵜殿(うどの)~地元に根ざす「味で勝負」の専門店!

イベントカレンダー

リンクページ

アクセス数

カウンタ

かすてら鵜殿(うどの)~地元に根ざす「味で勝負」の専門店!

うどの1.png

▲今回お話を伺った鵜殿忠秋さん。とてもやさしくご説明いただきました!

 

今日訪ねた「かすてら鵜殿」さんは、お店を始めて42年。鵜殿忠秋(ただあき)さん・成子(せいこ)さんご夫婦と息子の喜隆さん・娘の野口清美さんで経営されるカステラ専門店です。もともとカステラ店で働いていたお二人が独立、ご主人のご両親から仕事場の提供を受けてこのお店を始められたのでした。
 
成子さんは開口一番、こう強調されました。
「宣伝なしでここまでやってきましたん。小さいお店が大きい洋菓子店に勝つには、とにかく『味』。味で勝負せんとあきませんの。」
 
うどの2.png
▲カステラは5種類。TV「水戸黄門」でも「長崎カステラ」として使われました。
 
 
 その言葉通り、味に定評があり、食べた人が美味しかったからと言って地方から買いに来られることも多いとか。雑誌にもよく載るそうで、それを見た人が買いに来て、またそれが口コミで広まっていったといいます。宣伝をしなくても、味がよければお客様は来てくれる。奥様の言葉に、この味を支えてきた気概と自信を感じました。
 
 
うどの3.png
▲ここからふわふわスポンジが。この後の工程は職人技の世界。
 
 
 
そんなカステラ製造はとても大変!朝から卵100キロ分を割り、電気オーブンで焼き上げていきます。何百度となるオーブンで一斉に焼けば、その近くは熱い暑い!夏は特にすごい暑さです。でも、ほこりなどが乗らないよう直接には風を当てず、温度を見ながら全体に熱が行きわたるように注意して焼いていきます。そんな毎日の工夫があって、卵のお味がとっても濃い、しっとりとした美味しいカステラが出来上がっていくのです。
 
うどの4.png
▲カステラには欠かせない卵。これでも1日分の4分の1くらい?
 
 
 50年近くカステラ製造に携わってこられたご主人は、一方で、ずいき御輿保存会会長という地元のお祭りを動かす重鎮でもあります。また、自主防災にも進んで参加、地域に根差した活動の中心となって、まちづくりに貢献されてきました。地元を愛するご主人が作るカステラは、今やこの地域の人々に広く愛される「定番のお菓子」となっているのもうなずけますね。
 
 
うどの5.png
▲プレーンカステラの焼き上がり!
 
 
 
かつては大きなカステラ専門店もあったこの業界も、今、お店はどんどん姿を消していっています。そんななかで鵜殿さんは、「手焼きでお安く、良い商品を」提供するために地道な努力をしてこられました。それらの商品は、「味への自信」や「地域の信頼」という、味わい深い「風味」も加わり、これからも根強く支持されていくでしょう。
 
 
** ** **
 
最後に一緒に取材をした地元の主婦、柏木仁美さんの感想です。
 
「私自身、以前鵜殿さんのカステラを頂いた時に、このカステラのファンになり、ラベルの住所を探して訪問したこともあるほどのお味です。
お訪ねすると、元気でおしゃれな奥様が迎えて下さいました。奥様の人柄が苦労話さえも明るくお話してくださり、ご主人・奥様・息子さんご家族みなさんが、カステラ作りを楽しんでおられることが伝わってきました。奥様は、ご主人と息子さんの作られるカステラの味にとても自信を持たれています。そしてご主人や息子さんは、奥様からの信頼をカステラ作りの糧としておられる、その両方が、おいしいカステラを作る秘訣だと思いました。
たくさんのリピーターからの注文で毎日お忙しいということでしたが、丁寧にお話を聞かせて下さり、カステラを買うのとご主人と奥様のお話を聞きに、またお訪ねしたくなるお店でした。」
 
*紹介者:水口幹之さん
 
 
 
◎鵜殿製菓(製造・小売)
上京区御前通り下立売上ル3丁目西上ノ町245
TEL:075-462-4273  定休日:日祝
 
◎かすてら鵜殿(直売店)
京都市中京区西ノ京小堀池町7-7.
TEL:075-823-5905  定休日:日祝
 
*こちらのお店は、2014年1月に開催された上京区役所主催の「上京区のお宝を探せ!」の企画のなかで、参加者から推薦されたお気に入りスポットです。
「かすてら鵜殿」さんでは、カミングで取材した中から厳選した人やスポットをご紹介した「上京探検之図」が閲覧できます。
 
 
 
レポーター紹介
なるはし.png
鳴橋 明美(なるはしあけみ)
 
上京区西陣に生まれ育ってウン十年、現在も上京区で主人と一緒に京組紐を生業としています。また、実家を「京都桐壷庵」と名付け、スペースレンタルとともに、茶道・着物など京都の文化や伝統産業を広める活動を始めました。
 
愛する京都、上京区をさらに深く知ることができるマチレポを知り、ちょっと感想を言うだけのつもりが、レポーターになってしまいました!取材を通じて改めて上京の奥深さを感じ、また、人との出会いに感動しています。これからも未開拓の京都を発見していきたいです。
 
 
 
 【仁和学区】
 
 

新規団体登録

団体登録いただきますと、あなたの団体も情報発信ができるようになります。あなたもカミングを使って情報発信していきましょう。

登録団体のブログ